なかなかとれない…お腹まわりの脂肪を撃退!

或る日、気づいたらついているのがお腹周りの脂肪ですよね。くびれのあった、キュッと引き締まったお腹になりたいのに、お肉が落ちない…こんな悩みを抱えて悩まれている方は多いはず!実は、ダイエットの前に、体が歪んでしまっているゆえになっているかたもいるので、まずは、そこからチェックしてみましょう。

なぜ、お腹周りにばかり、お肉がついていくのか?

お腹周りって、なんであんなに余分なお肉が付きやすいのでしょう?運動不足なのか、それとも、仕事終わりにTVを観ながらお菓子を食べているから?もちろん、そういう小さな原因もありますが。大きな原因となっているのは、「骨盤のゆがみ」なのです。体の土台となっているのが骨盤です。そこにゆがみが生じると、骨盤にも影響が出ていきます。背骨、股関節などの周りの筋肉にも影響が出ます。特に骨盤位近いお腹は、脂肪がつきやすくなるので、皆さん悩まれます。運動不足だったり、間食、食べすぎだと思いがちですが、まずは、骨盤のゆばみを確認しましょう。ゆがみは、女性に大事な生理や、肩、腰のこりにも影響が行くのです!

骨盤のゆがみをチェックする方法とは?

骨盤のゆがみを自分でチェックできるの?と思う方も多いと思いますが、自分自身でできるのです。床に、直線が引いてある場所ってありますよね。そこで、行うと綺麗に結果が出ます。まずは、まっすぐ立ち上がり、目をつむります。そのままで10歩歩いてみましょう。自分がまっすぐ歩ければOKですが、どちらかに向かってあるいていたら、それが「歪んでいる方向」となります。また、前に歩かずとも判別する方法はあります。床に、立ち位置のしるしをつけたままで、目をつむって30回足踏みをするんです。この時も、眼を開いてみてほしいのは足の位置です。足が右に向かっていれば「右に歪んでいる。」ということです。ほかにも、日常生活でスカートをはいていて、気づいたらくるっと回っていたなんてひとは・・・骨盤歪んでる可能性あります。

骨盤のゆがみを起こさないようにしよう!

骨盤は、毎日の生活の小さなことからゆがみの原因が起きます。歩く癖からもしょうじます。気を付けましょう。ゆがみがひどくなると全身に症状が出ますから、早めにケアすることが大事です。まずは、猫背にならないように、背筋を伸ばすことを意識しましょう。意識って意外と大事なので。また、脚の外側や内側に重心をかける歩き方、立ち方、細かくなりますが、バッグを持つ手を片側だけにしないというのも大事です。足を組んだりもしないようにしましょう。日頃から正しい姿勢を意識してみましょう。

Other Diet -提携ダイエット商品-