意外と難しい下半身痩せが難しい原因は?

モデルさんの様なすらっと細くてきれいな足になりたくて・・・そんなことを願う方は多いのではないでしょうか。しかし、なかなか効果が出にくいと思う方も多いはず。それもそのはず、ダイエットで痩せやすいのは上半身なのです。バストのサイズが下がった人もいるのでは?また、お腹が引き締まったけれど、足の太ももやふくらはぎは全然サイズが変わらなくてというがっかりを経験をなさった方も多いはず。そのがっかりの経験は、「むくみ」「筋肉」「脂肪」が邪魔をしているのです。

何故浮腫むの?むくみは筋肉が関係している

足痩せを阻害している原因は、「むくみ」に1つあります。むくみってそもそも血液中の水分が血管やリンパの外に出て皮膚の下に溜まります。それを浮腫みといいます。それが重点的にできやすいのは、脚と顔なんです。お酒飲んだ良く朝に浮腫む人もいますよね。さらに付け加えると、浮腫みは、冷えと重要なかかわりのある足首にも関わります。太ももやふくらはぎが痛み下半身太りにつながるのです。この浮腫みは、筋肉量の違いによって引き起こされます。女性は男性よりも筋肉量が低いのが要因となります。筋肉の少なさは、体内に対して、水分や老廃物が輩出されにくい状態になり足に溜まります。そこがむくみにつながるのです。これを解消させるのは、運動で筋肉を増やすか体内の基礎代謝を上げていくか、有名なリンパマッサージ、そして食生活を改善します。

脂肪がつきやすいのは、冷え性の女性!

脂肪も大きな原因です。3つ目の原因といえます。下半身は最も痩せにくく、脂肪が落ちづらい箇所です。そして、統計でとれているのですが、この下半身の脂肪がついているのは、冷え性の阿多が非常に多いという統計が出ています。筋肉も少ない方が多いです。冷え性で脂肪がつきやすいと、脂肪細胞がにっくきセルライトに変貌を遂げてしまいます。女性は生まれながらにして、脂肪が低いと体を守ろうと脂肪をため始めます。特に生殖器官である、子宮は下半身に脂肪を蓄えようとする力が活発です。だからこそ、お尻や太ももは、原因が冷えだと特に脂肪がつくのです。そして、本能から来た脂肪は簡単に落ちないのも特徴です。本能=生きる理由ですから。脂肪が燃焼される効率を下げます

食事と冷えの関連性はある!

何故だかこれも、統計に出ているのですが、冷え性や冷え体質の女性は、体冷やすを食品を好きである傾向が高いです。具体的に言うと、パスタやパン、お菓子、フルーツといった、女性って感じの食品ばかりです。この中でも、朝をパン(菓子パン)で昼はパスタなとサラダといった食生活の女性は要注意です。栄養価が高くないうえに、どこでも手に入りやすいです。そして、生成された小麦粉で作られているため、体温を下げてしまうんです。それが冷えにつながっていきます。また、最近は知られてきましたが、白い砂糖は中毒性と冷えを促すのです。体温が高ければ、体は余計な脂肪をため込む必要はないと、判断してくれます、ちゃんと考えています。このことから、女性は食べ物にも注意をして、下半身に注目して運動をして筋肉を付けましょう。筋肉量が増えれば、脚の脂肪はサヨナラできます!

Other Diet -提携ダイエット商品-