見落としがちな、食事にダイエットの成功の秘訣はある!

毎日の食事、ダイエットをなさってる方には大事な要素ですよね。けれども、食事に気を付けてるのに停滞したり、痩せなかったりということありますよね。実は、ダイエットをしている間だからこそ、摂るべき食材や、タイミングによって痩せやすい食事タイミング自体も存在します。この正しい知識、食事方法をしれば、ダイエットの強い味方ですね!

まずは、痩せるベイストタイミングを知ろう

ダイエットしていくうえで、大事なのは実は時間です。1度の食事を減らしても、間食をする。常に何かを食べている、口に含む、また食事の時間がバラバラで、夜遅い時間に食事をする方っていうのは、まずそこを治していきましょう。特にポイントは夕食です。夕食後は、動く人も少ないので、カロリーが消費しきれず、脂肪となってしまいやすいのです。もちろん、そのことをご存知で、夕食は少なめにという方も多いはず。でも、更にワンポイント加えていくとすると、カロリーだけでなく時間帯も気にしましょう。夕食をできるだけ前倒しにするんです。夕食を、朝ご飯の時間から14時間以内で食べるということを習慣づければ、理想的です。朝+14時間が黄金方式ですよ。

実は「炭水化物抜きダイエット」は危険

今、主流になっているのは「糖質オフ」とか「低糖質」といわゆる「炭水化物を排除する流れ」です。そのため、日本人の主食であるご飯を食べないようにしている人も多くなっています。けれども、実は、脳の栄養素は糖分であり、必須なものでもあります。また、炭水化物の代わりに、お肉を代替エネルギーにしてしまうと、実は、腎臓に負担がかかってしまうのです。タンパク質を分解するのはビタミンやミネラルが必要になります。この2つの栄養素は言わずもがな、体を支える栄養素ですよね。この2つがタンパク質を分解するために回ってしまうと、体の栄養素が不足するという事態に陥る危険性があるのです。ここに、最初に書いた、脳の栄養素である糖分、正式にはブドウ糖も不足となると、体への負担というものは非常に大きくなります。こうなると、ダイエットでよくある、エネルギー不足による基礎代謝の低下を招くのです。そこから、体重を減らすための運動量が必要となり、体重が減りにくくなり、筋肉すらも落ちやすくなってしまいます。

意外な事実!ウーロン茶はカシスウーロンの4倍もあれが…!

食事にも、ダイエットって気を付けなければいけないのですが、ダイエット中でも「飲み会」や「仕事の付き合い」ってありますよね。また、飲むのが好きな方や、ストレス発散やご褒美に・・・って方もおられるはず。そんなときに、おつまみや〆のラーメンを控えたのに、朝、体重計を観たら「増えてる!!!?」というのがよくあるオチです。これの原因が、実はアルコールの代わりに飲まれるウーロン茶です。甘いカシスウーロンが26kalなのに、ウーロン茶割は108kcalなのです。実は甘くないのに高いという事実があったりします。カロリーだけではなく、糖分の多いお酒もあるので、お酒を飲むときは、カロリーや糖分をチェックしましょう。

Other Diet -提携ダイエット商品-