簡単で手軽なお水ダイエット!落とし穴に気を付けて!

よく聞くのが「水を沢山飲むと痩せやすい体質になる」「たくさん飲むほど健康にいい」というお話です。多くの方が知っている情報だと思います。現在は白湯もいいといわれていますね。しかし、極めてまれに「水を飲むことを頑張りすぎてしまう方がいる」ことも事実です。何事も「ほどほど」ということがあるように、お水を取りすぎることにはデメリットがあります。痩せにくくなることはもちろんですが、健康にもダメージがでるので、気を付けましょう。

お水ダイエットの前に、1日に必要な水分摂取量は知っていますか?

人間の体はいったいどのくらい量を飲むべきなのでしょうか?四季の存在する日本では、その時々ですが、例外的に大きく増えるのは夏です。「目安は1日で1.5L~2L」が適切な水分量だといわれています。しかし、ただ、水分を取ればいいのではないのです。1度に多くとりすぎないということがコツです。また、特に夏場は氷を入れて冷たい水を飲みたいところですが、それもお勧めしません。体が冷えて、内臓も冷えてしまいます。血液の循環が悪くなって代謝が下がることにつながってしまいます。脂肪が燃焼されにくく、貯まりやすく、痩せにくい体質に変貌を遂げてしまう恐れもあるので、気を付けましょう。大切なのは、コップ一杯の水を1日に6~8杯とるということです。

水分補給は実は、お水が一番!

女性に多い、便秘の対策として、色々な情報が錯綜しています。その中に、水分を小まめに採るというものが存在します。しかし、多く飲みすぎる=水ダイエットの頑張りすぎの状態では、逆に体が悲鳴を上げてしまいます。腸には吸収する限界が存在します。それを超えていくと下痢や、軟便といった症状に悩まされることになります。これがダイエットの頑張りすぎが産む、弊害です、先ほども申しましたが、1.5~2L は目安を守ることが大事です。しかし、意外な落とし穴として、お水以外にも人は水分をジュースやお味噌汁からも摂取しています。そして、そこには思った以上の糖分や塩分が入っているので、水分摂取の際には、少な目でいいと思います。また、水分をお茶やコーヒーで摂取する方もいますが、両者には多くのカフェインが含まれており、利尿作用により、水分を摂取しても出ていくのであまり意味がありません。自然のままの水で水分補給を行うことがベストといえます。

どうせ飲むなら、質にもこだわってみよう。

お水ダイエットは、多くの水を小まめに飲むことが大事ということが分かりましたが、毎日飲む水となると、その質にもこだわった方がいいともいえます。中には、水道水を一度、沸騰させて飲んでいいるかたもおられると思いますが、水道水は実は避けた方がいいです。消毒剤としてなかに含まれているエンドは、沸騰すれば取り除けますが、トリハロメタンは、発がん性物質として知られており、沸騰させると、増えてしまうことも分かっています。そのため、沸騰させるメリットはあまりないです。それが分かっているならば、毎日、私たちの体に入っていくものですから、こだわって、体をおもんばかり、ミネラルウォーターを取り入れることをお勧めいたします。

Other Diet -提携ダイエット商品-