ダイエット成功!!でも、リバウンドしないためのコツ!!

多くの方が様々な方法を駆使してダイエットを行っています。その結果、見事に成功する方もいます。そんな方の中に、リバウンドしてしまう方はいませんか?そこの貴女も・・・?ダイエット自体が、栄養バランスを見過ごしていたり、継続できないハードな運動を行ったり。結果は出るかもしれませんし、素晴らしいことです。けれど、適切な方法を存じていれば、リバウンドとは永久にお別れできるんです。

体重ではなく、体脂肪に着目しよう!

例えばの話です。ある日「5キロ減らそう」と思って目標を立てるのはいいことです。その5キロって実は、水分だけでも減るものなんです。そのように筋肉量が減って体重が減り、体脂肪はなかなか落ちていない。そんなパターンも少なくないのです。リバウンドする典型というのは、「体脂肪」「水分」「外見」を重視して体重という数値に固執してしまっているんですね。だから、食事制限や一時の激しい運動でダイエット成功と思い、当たり前の反応してリバウンドを起こすのです。大切なのは「体重」に固執せず「体脂肪率」「外見」を重視してダイエットを焦らず行うことです。また、食事制限という方法は、生きるために必要な食事を制限してるので、無理してまで行う必要はありません。こちらも、当然のごとく、反動でリバウンドしてしまう可能性があります。無理せず、食事を減らしたり、運動を行うのではなく、自分の体に合った方法でペースで、まずは体脂肪を減らすことが大事です。

大事な基礎! 栄養バランスのいい食事

例え、バランスが良くたって、たくさん食べれば、体重は太ってしまうと考えておられる方はいないでしょうか?それはあながち間違いいです。必要以上に食べれば太ってしまうでしょう。けれども、絶食ダイエットの様に食事の制限の厳しいダイエットは体の基礎機能を著しく低下させるためお勧めできません。特に、近年、いわれているように、お肉はタンパク質として非常に良質です。脂肪の少ないことで知られるささみを使えば、安く効率に摂取できます。また、野菜は生では胃を冷やしますが、ビタミンやミネラルを多く含むため、多くの種類を食べるようにするといいと思います。また、ダイエットするうえで落とせない代謝にもいいです。日本人の主食であるパンやご飯は食べすぎかな?と思ったら減らしてもいいと思いますが、脳の栄養素になるたった一つの栄養分なので、気持ち少しずつ減らしていきましょう。リバウンドを起こすことを防ぐことを第一に考えれば、よく噛み、ゆっくり食べることを癖としてつけるのも大事なポイントです。よく噛みゆっくり食べれば、満腹中枢が刺激されるので、少量でもお腹いっぱいになり、空腹ストレスとおさらばできます!

簡単な運動を継続していく

ダイエットといえば、運動をしなければというわけで、毎日歩いたり、腹筋など、ハードな運動を自分に言い聞かせる、また頑張るという義務を課したりしますよね。けれども、義務で始めたものはなかなか、長続きするものではありません。運動というものは、日常生活に少しの負荷をかけるだけでも十分なものになるんです。エレベーターやエスカレーターを意識して、使う回数を制限する、駅で階段を使うなども。また、ヒップアップ効果狙いでヒールで歩くのもいい手段ですよ。しかし浮腫む方もいるので、夜は、ふくらはぎをマッサージしてあげるなど大事です。小さなところだと、電車の中や、歯磨き中につま先立ちや、1分間片足立ちをしてみると、カロリーを少しずつ消費できるので、じわりじわりと痩せることができます。大きな一歩ではなく、小さな一歩を踏み出していきましょう。

Other Diet -提携ダイエット商品-