どうしてもおなかがすいてしまったら

ダイエット中ってやっぱりおなかが空きますよね。せっかく我慢して食べてなくても、夜中におなかが空いて寝れなくなって食べ過ぎてしまってリバウンド...なんてよくある話です。せっかくここまできたのだから我慢したいけど、やはり人間空腹には勝てないですよね。しかも、ストレスも溜まるし、仕事中もおなかが空いて集中できない。そんなとき、どんなものを食べてたらいいのか、我慢の仕方などを紹介します。

押さえておきたい空腹・満腹のメカニズムとは? 

そもそも私たちが感じる空腹・満腹を覚える体のメカニズムはどうなっているのでしょう?そのカギは「血糖」にあります。食欲を調整するのは脳の満腹中枢と空腹中枢ですが、血糖値が上がるとこの満腹中枢が刺激されて「お腹がいっぱい」状態になります。反対に血糖値が下がると空腹感を感じます。その他にも空腹時に脂肪が分解されて血中に脂肪酸が増えたり、胃の中が空っぽの状態になると「お腹が空いた!」と感じるのです。

ガムをかむ

掃除をしている時というのは掃除道具を動かすことと、次に掃除をするところのことで頭の中がいっぱいになってしまうことが多いので、お腹がすいた時の対処法としては活用できます。また、掃除というのは一旦はじめてしまうとキリがつくまで終われないことも多いので、その間は無駄な間食をすることも避けられます。夕方の4時台、5時台というのは特に夕食前にちょっとお腹がすいてしまって食べてしまうことも多いので、夕食までちょっとした片付けや整理整頓の時間にしてみてもいいです。お腹が空いた時ほど忙しく掃除をするというのはいいことです。また、掃除が楽しくなるようにグッズを揃えてみても集中できていいでしょう。

歯を磨く

メリハリをつけた食事習慣をつける方法の1つ。歯磨きのあとは何を食べても美味しくないので自然と間食が減ることも期待しています。また、空腹をごまかす気分転換としてもおすすめ。

運動する

お腹すいたなーと思ったときに運動をすることで空腹をまぎらわせることができます。運動は激しい運動じゃなくて軽い有酸素運動で大丈夫です。何かほかのことをしながらでもできる”ながら運動”をしてみるといい感じですね♪また食後30分ぐらい経ったあたりで食べる順番とか食べたものによっては血糖値が急上昇してしまいます。 血糖値が急上昇すると逆にいっきに下がるときがあるんですね。運動をすることで血糖値が上がるのを防ぐことができます。夕食の後とかに外にウォーキングやジョギングに行くのは結構めんどうなことだと思うので踏み台昇降とか簡単でオススメですね♪

Other Diet -提携ダイエット商品-